ローラの「鶏肉とカボチャのクリーム煮込み」:「THE 料理王3」芸能界最強料理人

【ローラの鶏肉とカボチャのクリーム煮込みのエピソード】

幼いころのローラの楽しみは大好きなバングラデシュ人のお父さんの手料理。お父さんは個性的な味付けをする感性の料理。その影響で創作料理を作るようになり、今回はその中でも一番の自信作!

ローラのオリジナルメニュー「鶏肉とカボチャのクリーム煮込み」の作り方

ローラ「鶏肉とカボチャのクリーム煮込み」

『鶏肉とカボチャのクリーム煮込みの材料』
材料(8人分)   
  • 鶏もも肉→800g
  • ギィ→30g
    (発酵バターを加熱して水分とたんぱく質を除いた油)
  • カボチャ→1/2個
  • 玉ねぎ→2個
  • にんにく→2かけ
  • しょうが→1かけ
  • バター→20g
  • 塩→小さじ2
  • 黒こしょう→少量
  • 生クリーム→100cc
  • 湯→100cc
  • ミントの葉→適量
  • バケット→8枚



『鶏肉とカボチャのクリーム煮込みの作り方』
1.鶏肉、カボチャを一口大に切る。玉ねぎはざく切りにし、にんにく、しょうがはみじん切りにする。
2.鍋にバターを入れ、にんにくとしょうがを炒める。香りが出たら玉ねぎを加え、しんなりとするまで炒める。
3.フライパンにギィをひき、鶏肉を皮目から焼き、両面をこんがりと焼く。
4.②に③を加えて炒める。塩、黒こしょうで味付けし、カボチャを加えてさらに炒め、全体をなじませる。
5.④にお湯を入れ、弱火で20分程カボチャの形が残る程度に蒸し煮にする。
6.⑤が煮あがったら仕上げに生クリームを加える。器に盛り付け、ミントを飾ったら完成。

ローラの「鶏肉とカボチャのクリーム煮込み」お店の新メニューに採用するか 結果発表

鍋の動かし方がうまいと、落合シェフがほめていました。
料理もみんなから美味しいと好評でした。

中国料理「四川飯店」オーナーシェフ陳建一さん
イタリア料理「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」オーナーシェフ落合務さん
が自分のお店の新メニューに採用するかをブックに記入し、直ちに結果発表します。

結果は…陳建一さん「不採用」、落合務さん「採用」!

陳建一シェフ「おいしかったんだけど、『砂羽ちゃんこ鍋』を採用したから、これも採用するとなんのお店かわからなくなるから」とのこと。

落合務シェフ「カボチャのこういう食べ方あったなと教えていただきましたね。充分メニューになる料理だと思います。」とのことです。

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ