東貴博の「パパシチュー」:「THE 料理王3」芸能界最強料理人

東貴博の「パパシチュー」

【東貴博のパパシチューのエピソード】

日本を代表する喜劇人、父・東八郎さんが作ってくれた料理の中で、子供たちに人気ナンバーワンだった「パパシチュー」を東MAX流にアレンジ!

東貴博のオリジナルメニュー「パパシチュー」の作り方

東貴博「パパシチュー」

『パパシチューの材料』
材料(8人分)   
  • 和牛すじ肉→1kg
  • 酒→100cc
  • 玉ねぎ→2個
  • にんじん→2本
  • じゃがいも(メークイーン)→5個
  • にんにく→2房
  • 和風だし→3パック
  • ローリエ→3~4枚
  • トマトジュース→1000cc
  • トマトペースト→大さじ3
  • 塩→少量
  • こしょう→少量
  • しょう油→少量
  • タバスコ→1/2本
  • プチトマト→8個
  • オリーブオイル→少量
  • ドライパセリ→適量
  • 青ねぎ→少量
  • おろしポン酢→少量
  • ゆず胡椒→少量
  • ガーリックトースト→8枚


『パパシチューの作り方』
1.にんじん、じゃがいもを乱切りにし、玉ねぎは大きめのくし切りに。
2.牛すじ肉は10~15cm程度に切り分け、熱したフライパンで炒める。肉の色が変わってきたら酒を少量加える。
3.圧力鍋に②、牛すじ肉が浸るくらいの水、残りの酒を加え、20~30分程煮込む。
4.オリーブオイルをひいたフライパンで①を炒める。それを和風だしをとった鍋に入れ(だし汁は野菜が浸るか浸らない程度)、野菜に火が通るまで煮ていき、アクをとる。
5.③をザルにあけ、ゆで汁をこし、④の鍋に加える。
(この時、少し牛すじ肉を別に取り除く。おろしポン酢と和え、小口切りにした青ねぎをちらし、ゆずこしょうを添えおつまみとして頂きます。
6.⑤に、にんにく、トマトジュース、ローリエ、トマトペーストを加え、しょう油、塩、こしょうで味付けし、15分程煮込む。仕上げにプチトマト、タバスコを加える。
7.⑥を器に盛り、ドライパセリを振る。ガーリックトーストを添えたら「パパシチュー」の完成。

東貴博の「パパシチュー」を試食した審査員の感想

最後に大量のタバスコを入れたため、辛さが心配されましたが、思ったほどには辛くなかったようです。

フランス料理「ラ・ロシェル」オーナーシェフ坂井宏行さん
中国料理「スーツァンレストラン陳」四川飯店グループ総料理長菰田欣也さん
が自分のお店の新メニューに採用するかをブックに記入し、直ちに結果発表します。

結果は…2人とも「不採用」
坂井宏行シェフ「今度ビストロやろうと思っているんで、その時は1番に採用します!」
東「今採用してくださいよ。」

菰田欣也シェフ「お店で出すとなるとアレンジが入ってしまうのでお父さんに申し訳ないなと。」
東「いいんですよ。八郎はもういないんですから」
菰田欣也シェフ「よすぎたんですよ。」
東「全然、ほめことばに聞こえない。」

サブコンテンツ

Sponsored Link

rakuten

このページの先頭へ